QNAP firmware 3.8.3

2年ちょっと前から、自宅のNAS(Network Attached Storage)としてQNAP TS-112を使用しています。
MacintoshやWindows PCのデータ保存用だけでなく、テレビ(REGZA)の録画や、PS3での再生用ファイル保存等、ホームネットワークに欠かせない存在となっています。

QNAPは国産メーカーでは無いので、取り扱っている店も少なく日本ではユーザーの情報も少ないのですが、海外では評価の高いNASです。
TS-112はQNAPのNASラインナップのなかでは一番小さなモデルで、一般的な外付けHDと変わらない程度の大きさですが、十分な機能を備えています。

QNAPのNASはアプリケーションを自由に追加できるのが特徴で、firmware3.8から採用された「Video Station」を使用すると、簡単にYou Tubeのような動画Webサイトを公開する事ができます。私もホームビデオ等を登録して、家庭内の端末からいつでも観れるようにしてあります。

また、NASとしての設定や管理も簡単で、最近では指定したYou Tubeの動画ファイルをNAS自身がダウンロードしてくれる「HappyGet」を使い始めました。
(Chromeの拡張機能としてインストール。MacintoshやPCをシャットダウンしても、NAS側が自動にダウンロードしてくれます)

久しぶりに管理画面にログインしたところ、新しいfirmwareが公開されていましたので、早速アップデートしました。
(QNAPのシステム設定で「ライブ更新」を選択しておけば、NAS Web管理にログインする時にダウンロード可能な新しいfirmware Versionがあるかどうか、自動的に確認されます)

TS-112 TurboNAS 3.8.3 build0426 146MB 2013/04/26

[Version]
3.8.3 build0426

Change log:
– Support Seagate 4TB Backup Plus 4TB USB 3.0 drive for Mac (STCB4000103)
– Updated the time zone of Minsk to GMT+03:00
– Removed Windows Live Messenger notification support due to Microsoft service termination
– Improved RTRR Real-time Mode stability while uploading large amounts of files concurrently
– Improved the compatibility with Citrix Xen Server if CHAP authentication is used
– Improved the stability of VAAI iSCSI
– Fixed the PDF or Adobe-related file, and ChronoSync (*.sync) file visibility issue with AFP connection
– Fixed the color label issue on AFP connection
– Fixed the auto-rescan issue when the NAS restarts if the Media Library is set in Manual Scan mode
– Fixed the login issue of new user accounts from Standalone Application Users in Multimedia/Photo/Music Stations
– Fixed the public album visibility issue in Multimedia Station when a new user account from System Users logs in
– Fixed the Wake-On-LAN (WOL) issue on TS-509/809 Pro
– Fixed inaccurate CPU temperature detection on some models
– Fixed the system error while deleting a new user account via CSV User Import function with Advanced Folder Permission enabled
– Fixed the Microsoft Networking Host Access Control wildcard issue in specific network configuration
– Fixed Amazon S3 backup issue when the file name contains [ or ]
– Fixed the Autorun.sh compatibility issue on ARM-based NAS
– Fixed the issue for truncated local & domain group name and permission settings if the name is over 40 characters long
– Fixed the “Relaunch upsd” issue

Note: TS-112, TS-212, TS-412 firmware cannot be downgraded after upgrading to firmware 3.8.3 or later

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*