QNAP QTS 5.0

QNAP より、NAS用の最新OS「QTS 5.0」がリリースされました。

少し悩んだ結果、TS-431Pを「QTS 4.5.4.1787 build 20210910」からアップグレードしてみました。
(直前の「QTS 4.5.4.1800 build 20210923」は、私の環境では不安定な時がありました)

以下、QNAPの「Newsroom」より。

QNAPは、アップグレードされたカーネル、向上したセキュリティ、WireGuard VPN、exFAT無料対応、その他を備えたQTS 5.0を公式リリース

QTS 5.0 の主な新しいアプリと機能:

  • x86ベースNASに対するexFAT無料対応
    exFATは、最大16EBのファイルに対応するファイルシステムで、フラッシュストレージ (SDカードやUSBデバイスなど)を対象に最適化されており – 大型メディアファイルの転送および共有の高速化を支援します。
  • TeamViewer対応:
    TeamViewer QNAP NASアプリをインストールすることにより、ユーザーはWindows® PCからQNAP NASデバイス全てにリモートで管理・接続が可能で、複雑なVPN設定なしに安全なリモートアクセスソリューションが提供されます。
  • 最適化されたユーザーインターフェイス:
    よりスムーズな操作、快適なビジュアルデザイン、初回NASインストールを容易にする通知ボード、アプリを素早く見つけられるメインメニューの検索バーが含まれます。
  • 強化されたセキュリティ:
    TLS 1.3対応、QTSとアプリの自動アップデート、NASのアクセスを安全に行うSSHキーが提供されます。
  • WireGuard VPN対応:
    新たなQVPN 3.0には、動作が軽く、高信頼性のWireGuard VPNが装備され、安全な接続性能および使いやすいインタフェースが提供されます。
  • 向上したNVMe SSDキャッシュパフォーマンス:
    新しいカーネルがNVMe SSDのパフォーマンスと使用効率を高めます。キャッシュアクセラレーションが有効化されると、メモリリソース負荷を軽減しつつ、SSDストレージがより効率的に利用可能になります。
  • AIベースの診断を備えたDA Drive Analyzer:
    DA Drive Analyzerは、クラウドベースのAIを活用してドライブ寿命を予測、前もってドライブの交換を計画するようユーザーを支援することで、サーバーのダウンタイムおよびデータの損失を防ぎます。
  • Edge TPUによる強化された顔認識:
    Edge TPUをQNAP AI Core(画像認識用のAI搭載エンジン)に活用することで、QuMagieは高速な顔認識と物体認識を行うことができ、QVR Faceはリアルタイムビデオ解析を強化して迅速な顔認識機能を実現します。
  • QuFTPは安全なファイル転送を実現:
    QNAP NASは、暗号化SSL/TLS接続、QoS帯域幅制御、ユーザーとグループに対するFTP転送制限や速度制限を備えた、FTPサーバーとして稼働することが可能です。また、QuFTPはFTPクライアントに対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*