Superfly / Sweetest Music

「Superfly」の新譜、ボーナスディスクに竹内まりやの「Sweetest Music」収録。
しかも竹内まりや本人がコーラスで参加!!
アレンジもオリジナルアルバム「Miss M」(1980)とほぼ同じ。
因みにオリジナルは、ジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、スティーブ・ルカサー、ジェイ・グレイドン、デビッド・フォスター、ビル・チャンプリン、グレッグ・マティソン。etc
当時、一番勢いがあったLAのトップスター、勢揃い。

「Superfly」バージョンのアレンジは、スマップ等の作品でも有名な「CHOKKAKU」。
「青いイナズマ」等の編曲で有名です。
この曲ではギターも弾いていて、ギター・ソロもジェイ・グレイドン風(笑)
この方のアレンジ、私は昔から大好きです。
AORもフュージョンも、凄く沢山聴いている人だなぁと思います。

越智志帆のボーカルよりも竹内まりやのコーラスのほうが主役に聴こえてしまうのは、私だけでしょうか(笑)
レコーディングは、「プラネット・キングタム スタジオ」
そう、山下達郎のホームグラウンドです。

佐野元春のカバー「楽しい時-Fun Time」もいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*