ドント・ストップ・ザ・ダンス with DEZOLVE / フィロソフィーのダンス

ゴリゴリのフュージョンファンが絶賛していたので聞いたところビックリ。カシオペアの「MINT JAMS」(1982)を初めて聴いた時のような衝撃。

「フィロソフィーのダンス」は、SOUL、DISCO、ファンク系のアイドル4人組といったところ。とにかくルックスと音楽性が一致しないところが面白い。

演奏はジャパニーズ・フュージョンバンドの「DEZOLVE」。

このドラム、メチャクチャ上手いなぁと感心していたら、日本を代表するハードロックバンド「BOWWOW」のギタリスト・リーダー山本恭司の息子さんだった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*